私にはHSPという共感されないワケがある。

【全国オンラインZOOM・旭川店月美肌セラピー☽】どちらも対応が可能です。

素肌根本美容で、あなたの素肌ストレスを、触り心地のいい健康でモチモチ潤う素肌へと育てます。

ネットで調べても、芸能人の使用している基礎化粧品でも、解決されない素肌の悩みを穏やかにして美肌をつくる月美肌ケア

素肌ストレスから解放されるあなただけの具体策をカウンセリングで受け取りに来てくださいね。

健康肌と美肌になる秘訣を受け取ってください❤︎今すぐクリック

おはようございます。月のリズムとORGANICで、健康で強い肌とモチモチ潤う素肌美を作る専門家、月美肌セラピストの星奈里実です。

今日は昨日のブログの続きを書きますね。ブログでは初めてHSP気質がある事を書いたワケですが、素肌が潤えない理由にも繋がっている…と感じているので、少し私の話をしようと思います。

あなたは「どうせ伝わらないから言わない」「どうせ分かってもらえないから言わない」そのような選択をした経験はありますか?きっと誰にでもありますよね。母親には反対されるから言わない。旦那さんは変わらないから言わない。上司は怖いから言わない。

この「言わない選択肢」。これがどんなにあなたの心のスペースを狭くしてるんだろう。私の心のスペースを狭くしていたんだろう。

私は子供の時からお友達と遊んでいて「これがやりたい」そう言えるタイプではありませんでした。例えば、お友達の家でりかちゃん人形で遊ぶ時も男の子の人形と女の子の人形があって、大抵は主役のりかちゃんがいいと思うんです。(たまに犬とか選びたくはなりますが❤︎)

私はというと「きっとみんなりかちゃんがいいだろうから、みんなと仲良く遊べればいいから、私は男の子か主役じゃないこっちになるだろうな。」そう頭で考えて決めていました。なので「みんながいいのでいいよ」といつも言っていました。

でもいつもそうしていると怒られちゃうんですよね(笑)3人で遊んでいると私はどれでもいいと毎回言うので、いつも2人の争いになっちゃって(笑)そしたら最終的に「里実が選ばないから悪い!」なんて言われてしまう。

まぁ…今思えば確かに、それもあるね。いい子ぶってるのではなく、相手の感情が本当はこれがいいって言ってるのがわかるし、怒ってるから、みんなで平和にいたいだけで、本当にそれが1番の願いだっただけだった(よく女の子あるあるの些細な話でも、当時の私にとっては、みんなどうしてほしいだろう?だって皆りかちゃんがいいってわかってるのに、それを知ってて選べない!どうしよう…どうしよう…おどおど…状態。私の中ではこんな事1つがりかちゃん人形事件と名付けたくなる出来事だった。笑)

中学生になるとある程度やんちゃだったと思うけど(笑)自分の気持ちを言えないのはあまり変わらなかった。友達に聞かれる言葉で1番怖かったのは「さとみはどうしたい?」だった。帰り何して遊ぶ?どこへ行く?その質問にいつも会っている友達だと言うのに緊張で心臓が飛び出そうな毎日だ。

この時も常に心の中にあったのは「みんなが良ければいいから私は本当にどれでもいいがいい!」だった。

新しい場所は苦手。大勢は苦手。相手がどんな人かわからないと会話が思うようにできない。職場でも周りと馴染むのが遅い。だからみんな「里実は初めよく掴めない、わからない子だった」と言われる。ですよねって思う、笑。それから神経質な方だとも言われる。まぁ…ですよね。って思う。でも何を求められているのかを感じられないと私はただ、「どうしていいのかわからなかっただけ」だった。でもそれすらも言葉にはできなかった。自分でもどうしてかわからなかったからだ。

大人になると、それなりに話すようにもなって、今となっては学生の時の自分と比べるとすごく大きく成長したと言える。意見も持つようになったし、行動できるようになったし。でも自分の気持ちを話す事をしてこなかった私は、大人になりよく話ようになって、自分の話が「伝わらない」という経験を多くした。

「多分、誰もそこまで考えないと思う」こう言われてしまうのだ。例えばね、ネイルサロンで働いた時も、大体3週間でジェルが取れるお客様が多い。知識はあるし学んでるから絶対!良くできるワケなんですよ。だから「こうしたら取れないと思うんです、こうでこうでこうだから…」と言うと「誰もきっとそこまで考えないと思う!」と言われたり、話せば話すほど、「わからない」と言われるのだ。

私からすると「なんで勉強してるのにわかんないの?笑」って話なのだけど、まぁ…わからないって言われるのだから仕方ない。私は変なんだ、と思うようになったし、神経質なんだと思ったし、分かってもらえないって少し悲しくもあった。そして悔しくもあった。この悔しいはお客様に対してね。だって絶対良くなるのに、こちらの改善点なのに、お客様が「ごめんね〜汗、また取れちゃって…」って来るんだから。その人のオーラと申し訳なさそうな空気「絶対!応えたい!」そう思うのに組織だからできない…そんな悔しさがあった。

感じる空気感に敏感で、物事を深く見るところがあったり、とても感情的で共感度が高い…。友達が悩んでいるのに、友達以上に悩み、夜中眠れないなんてしょっちゅうだった。(流石に今はコントロールできてます❤︎)

今、自分がHSP気質があったとわかって納得したのだけど、それを知ったのは去年だから、それまで随分と自分で自分を誤解していたように思う。

みんなの場に馴染めないのは「変なんだ。」質問されてパニックになって、すぐ答えられないのは「私が変なんだ。」みんなすんなり話せるのに、できない時がある私は「変わってるんだ。」そうやってずっと思ってきて直したいと思って真面目に取り組んでいたから、苦しい時もあった。

私が素肌の蕁麻疹や湿疹に悩み、「乾燥・敏感を感じる繊細な素肌に特化して学ぼう!」こう思わなければ、HSPの本は手にとっていなかったと思います。

「どうせ伝わらないから言わない。」この選択は素肌と心の悲鳴へといつか繋がる。繊細な素肌は何も素肌だけが繊細なのではなく、心も繋がっているのだと伝えてきましたが、本当にそうなのです。HSP気質でなくても、乾燥している人は、敏感な人は、何かしら…自分を犠牲にしている「我慢」があると思う。

昨日も書きました「自分が何と調和するのか」

あなたはどれくらい自分の感覚を大切にできているでしょうか?なんか嫌だな〜と思いながら過ごす時間…ここを変えてくには、毎日の生活を心地いい習慣へと変えていく必要があります🕊!

きゅ〜っと心のスペースが狭くなる感覚を広げていくには「感じること」を大切に、好きなものに我慢をしない!自分を後回しにしない!幸せになっていいんだ❤︎っていう自分への許可を出すこと。

そして素肌に悩むのならば、その感覚すら無視してはいけないんです。なぜなら素肌の不安は脳へと繋がり、さらに生きずらさを加速させるからです。「もうこんな素肌嫌だ!」そうはなっていませんか?ならば助けてあげられるのは自分しかいません。

潤う素肌になった時、きっとあなたの毎日はガラリと心地いいものへと変わるでしょう。感情が豊かだからこそ人よりも感じられるからこその特権です❤︎!!

現在、愛媛・埼玉・兵庫・茨城・岡山・群馬県、そして北海道各地から月美肌ケアを体験していただいています。そして肌育をスタートされています。みんなで健康な素肌美を手に入れて、毎日の生活も健康で美しい心で過ごしていきましょうね❤︎!

素肌の悩みから解放されて自分らしく生きられるようになりたい!その秘訣はいますぐチェックしていこう💋!

健康肌と美肌になる秘訣を受け取ってください❤︎今すぐクリック!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP