思考と選択を変えない限り根本など見えてこない。

乾燥 敏感を感じる繊細なゆらぎ肌専門家の「月美肌セラピスト☽」の星奈里実です。今日は寒いですね。背中とお腹にカイロを貼ってブログを書いています♡今日のタイトル。これって私が常に考えて進んできた事で、ちょっとドキっとするかもしれないけれど大切な事だと思っている部分です。自分の捉えることって自分の価値観を叶える綺麗な世界にいたいのか、グレーの世界にいたいのか、の選択と同じ。あなたはどんな日常にいたいですか♡?

思考とアンテナは育てるもの

といっても誰しもが何かを変える事は不安と恐怖がある。振り返ればわたしは自然が大好きで平凡な毎日がただ幸せでこうなりたい!などの欲は少ない方で、思考とキャッチするアンテナを磨いてこなければ、きっと自分で仕事をするなんてあり得ない子だったと思う。学生の時の友達は「里美がまさか自分で仕事をするなんて…」と言う。そして私もそうだよねって笑えてくるくらい、人に振り回されてナヨナヨしている女子だった。自分の意見などなかったからね♡だけど頼られると頑張って何とかしてあげたい!のエネルギーは強い。そこは昔から変わらないと思う。

なよなよしていたくらいだから、当然わたしは自分がこうしたい!で進んできたわけじゃない。「これをやらないの?やって欲しい」と求められるとアンパンマンのように力が湧いてきて進んできた。例えばネイルもそう。ネイルなんて全く!わからない世界すぎて興味もなかったの。だけどやって欲しいと言われると叶えてあげたくて、まずはその世界の様子見で通信に30万円払い、これならできる♡!と思って100万円以上出してスクールに入学した。今思えば、よくやってあげたいだけで進んだな〜と思います。だけどね、よく「自分が本当は何をしたい?」って言うでしょう?それだって、いま迷って何もない人がすぐ自分の本当なんて見つかるわけないのよ♡(笑)本当に好きなことがある人はとっくに!気づいているはずだし、日常の中に当たり前にあるから。もちろん自然なことすぎて気づいていない場合もあるけれど、ほとんどの人が探すのに必死。残念ながら自分の才能の良さもわかっていないのに、どこにエネルギーがあるか把握できていないのに、自分の奥にある根本才能を生かしてやりたいことへ強く進むことができないのは当たり前…だと私個人的には思っているよ。だから親に言われて進学することは自分の成長に必ずなっているし、仮に進学してやりたくないの答え合わせになって後悔しても、そして進学して職を手にしているなら感謝しないとダメ。私は進学すら言えなかったけれど、自分で進学したほどの投資をしてきたからわかる。何百万もあなたにかけてくれた親は、あなたを自然と成長させてくれているんだよ。

ステップを踏む

そんなわけで実は私の人生は「失敗しないレール」に乗って動いてきていることがわかる。【やって欲しい】=【すでにお客様ができるのが見えている】からだ。もちろん、そんなこと考えていなかったけれど、振り返るとそういう流れなのだ。素直な人は伸びる…とは言うけれど、若い時は本当にそうかもしれない。(考え方がポジティブになる♡とかその少しがすごい成長だと気づくこと。そこがないと行動もついてこない。変わるわけがない。)何でもうまくいく…みたいに言われたこともあるけれど、もしそう思うなら答えはもうここでしかない。私はいつだって自分ではなくて誰かに答えたいエネルギーで進んできた。そして楽など選ばない。ネイリストになるならばちゃんとその業界に足を踏み込んで真面目に学んでいく。1級もジェル上級までも1回も試験に落ちたことなどない。一直線に頑張るのだ♡

大体、全ての事はこの流れだったの。例えば、お教室も自宅でできる仕事を探すお母さん達の存在を知って、「喜んでもらえるかもしれない」なんて思って始めたし、アロマだってお客様に「これはどんな効果があるの?」と聞かれて適当な事は言えないから学びに行った。すべて後悔などあるわけがない。目の前のその人の声に素直に動くエネルギーは必ず循環がある。

だからやっぱり進むなら即行動が大切だと思う。考えれば考えるほどに進めなくなるのは脳が自分に都合のいい世界を見せてくれるから。やらない方がいい理由や変わらないことを選択するのは当たり前の事で脳が本能的に危機を感じる反応。だからあなたが悪いわけじゃないし、ネガティブでもなくて、実はごくごく当たり前なの。だからその脳に騙されないように「行動」は起こすべき♡あなたがもし変わりたい「いま」があるならね☽

遠回りして見えてくる人

ちなみにそれが私。様々なことを経験して学んで遠回りしないと自分の根本的な想いなど見えなかった。はじめに書いたように、想像するよりずっと私はなよなよしていたんです。だから今は強く思える事はあるけれど、実は小さな一歩に「騙された…」とか「いくら払ったけどやめればよかったかな…」を繰り返していた20代前半でした。それが誰かのためなら頑張れる自分に気がついて、そのまま進んでみて、そして今は自分には向いていない…と思っていたセラピストの仕事をやりたくてチェレンジしてみている。私にとってはある意味冒険なんです。私が心からやりたいと自らが強く思っている「乾燥、敏感を感じるゆらぎ肌の女性を健康な素肌へと導くこと」は、時間を使ってこれまでの経験から自分を客観的に見て決めました。根本的に美容の世界に入ったキッカケは「素肌のことが知りたい」だった事であり、だけどエステ経験を通して自分には合っていないし無理だと閉じ込めてきた気持ちに気づいて向き合う事を決めたよ。

素直に行動した事にギフトはついてくる

私が本当に楽しくてやりたい♡にたどり着くまでに随分と時間がかかったけれど、神様はちゃんと見ていてくれているんです。私にとってそれは、自分で磨いてきた本物や根本を見れるような視点もそうだけど、仕事を通して出会えた人というのはとても大きな存在です。人との関係がなければ例え、どんなにいい物を知っていても、結局独りよがりで役立たずな自分です。これから、どんな冒険になるかわからないけれど、私らしさをもっと開花させていきながら、誰かの素肌も救っていけるようにもっとなっていきます♡これからをどうぞ楽しみにしていてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP